NPO法人ライフ熱都は ”熱海で元気!”をキャッチフレーズに、9つの隊(アクティブ9)をもって構成されたNPO法人です。

ライフ熱都の目的


ライフ熱都は熱海の地域力、歴史力、温泉力を総合的に考え、活用、魅力を開発する事で、ひっ迫した少子高齢社会に耐える未来を展望した熱海づくりを目指します。
また、健康(生命)で毎日の暮らし(生活)に生甲斐をもって過ごせる(生涯)熱海ライフを目指し、市民、産業界、行政が自助・共助・公助の精神の元に連携し、相談・支援・提言し合い、熱海・伊豆周辺地域の発展のために寄与することを目的としてまいります。

 

 

■ 市民が元気に活動する熱海に向けての相談、支援

伝統行事や各種団体行事を元気におこなってきた町内会などの組織力が低下し危うい状態になりつつありますが、市民一人一人の頑張りでなんとか維持されております。ただ、その個々人もなんともし難い会員の高齢化、それに伴う活動のパワー不足、横糸のない不安定感や効率の悪さなど著しい現状にあります。

■ 温泉のまち熱海の将来に向け、垣根を越えての企画、提案

先人たちが築いてきた温泉のまちとしての「熱海ブランド」が低迷しつつあるとは云われても、いまだ他から羨ましがられる存在です。熱海のまちを市民が誇りとし、“他の人たちに自慢”したくなるよう、自由に討議できる場をつくってまいります。

ライフ熱都は9つの元気事業で活動する自立・連携の市民団体

温泉地「熱海」の包括的温泉能力を活かし、市民、産業、行政が一体となり、自助、共助、公助の精神の元で集結し、元気9事業を市民の力、外からの応援隊の力を受けて押し進め、世界に冠たる「熱海国際観光温泉文化都市」へとまい進していきます。

NPO法人ライフ熱都 ⊃ 繋いで元気隊    タウト熱人集団

タウト熱人集団は、NPO法人ライフ熱都の中で、新しく生まれ変わる旧日向家熱海別邸の広報や盛り上げの支援活動のための集団(グループ)です。

NPO法人ライフ熱都は9つの隊で構成されていますが、その中の「繋いで元気隊」に属しています。

 

旧日向家熱海別邸紹介ビデオ(15分)

保存会はNPO法人ライフ熱都⊃タウト熱人集団に移行しました。