タウト塾の目標

タウト塾はリニューアルオープンまでの約30ヶ月を積極的に使い学び育み、そしてその後の活用へとつないでいくことを目的とし、3つ分野で構成されます。多彩な実践講師による講座、現地見学、関連イベントなど多彩な講座を開催します。また工事の進捗情報、それに合わせての特別セミナー、講演会などを企画していきます。

《重文班》:重要文化財の目的、意義、活用法などを学ぶと同時に、国宝、有形、無形文化財など文化財全般についても学び、見学会、交流会等も開催していきます。

《タウト班》:世界遺産の建築家は激動のドイツで生まれ近代建築をつくり上げ、日本に3.5年を滞在、桂離宮を旧日向家熱海別邸を披露し58歳の若さでなくなりましたが、その功績は偉大でユニーク。ブルーノ・タウトの多様な人間性に迫ります。

《日向邸班》:タウトの残した日本唯一の建築物。この「一粒の種」の魅力、その価値について多くを追求しその保存、活用について学びます。

タウト塾では塾生を募集します。塾生は、各種の行事を協力しあいながら行なう仲間です。重要文化財班、タウト班、日向邸班があり単独でも複数でも選ぶことができます。

準備 教科書、カリキュラム、講師、教室の整備、作成
併設 熱海市民大学での講座開設8回(公民館) 学校への呼びかけ
協働 熱海市 熱海市教育委員会

■ 工事概要など の項目にリンクします。

活動スケジュール

工事 残り月 西暦度 重文 タウト 日向邸 その他
工事契約 32 2019 08 教育委員会との協働取り付け、熱海市民大学での開催申込み(2年)、カリキュラム、講師陣のイメージ構成、組織づくり、会員募集、資金調達の目処
教育委員会 9/17-10:00
31 令和元年 09
30 10 教育委員会 10/7-10:00
準備公開
 
29 11 開校
28 12
27 01
26 02
25 03
24 2020 04
23 令和2年 05
22 06
21 07
20 08
19 09
18 10
17 11
16 12
15 01
14 02
13 03
12 2021 04
11 令和3年 05
10 06
09 17
08 08
07 09
06 10
05 11
04 12
03 01
02 02
01 03
2022 04 開館
令和4年 05
06
07